MENU

自分で引越し料金を安く抑えるのってどうなの?

引越し料金を安く抑える為に自分で荷物を運ぶという選択肢もあると思います。個人的には条件によっては安く済ませることができる場合もあるし、そうでない場合もあると思います。

 

その条件とは、

 

レンタカーを借りて安く抑えるポイント

レンタカーは時間に応じてレンタル料金が加算されます。従っていかに作業を早く終わらせるかがレンタカーを使って自分で引越しを安く済ませる為には必要です。

 

作業に不慣れな素人だけで作業をした場合には、プロに依頼した場合の3倍程度の時間が掛かると思った方が良いでしょう。

 

運搬自体にも時間は掛かるでしょうが、うまく積み込みができない為に新居までの往復回数が増えるということも念頭においておいた方が良いです。

 

レンタカーを借りる時間を短くするために、時には荷物は配置までせずに降ろすだけにするなどをあらかじめ検討しておきましょう。

 

自分でワンボックスカーを持っていたり、友人から借りれる人であれば、作業を慌てずに引越しを安く済ませることができます。

 

手伝いを頼んで引越し費用を節約する時の注意事項

荷物に大きいものがあれば、自分1人だけで運搬するのは困難です。ただし、手伝いを頼む場合はご飯代やお礼を用意しなければいけない時もありますし、運搬中の荷物や家屋の破損だってあり得ます。特に一軒家の2階への大型家具や家電の搬入は素人では難しいのではないでしょうか。

 

可能であれば引越し業者のアルバイト経験があるような人に頼むのがおすすめです。段取りが分かっていれば、破損の危険性も大きく減らせますし、作業自体も早く終わる可能性が大きいのです。

 

引越し用の梱包資材を安く集めるには

小物を入れる為のダンボールはホームセンターなどで購入すると意外に高価な値段に驚きます。何十枚と購入するのであれば、その時点で安く抑えることは難しくなります。

 

スーパーなどで無料で集める手もありますが、弱いダンボールは引越しに不向きなので見極めが必要です。またサイズが不揃いなのもトラック内での積み重ねを困難にするために良くありません。

 

一番良いのは引越し業者を利用した人のダンボールをもらうことです。サイズは揃っているし、硬めに作られている引越し業者のダンボールは何より引越しに向いているのです。

 

これらの条件をクリアできていなければ、自分で引越しをしたとしてもたいして安くならない可能性があります。暇な日に引っ越しできるのであれば、業者に頼んだほうが安くて楽ができるので個人的にはおすすめです。

 

その他、トップページの方法を試してより安く引越ししてください。