MENU

近距離の引越しを安く済ませるコツ

新居が近距離の場合、引越しを安く済ませることができる方法がいくつかあります。本ページではそんな近距離特有の引越し料金の値引き方法についてご紹介したいと思います。

 

ピストン輸送で引越し料金を安く済ませる

新居が近距離の最大のメリットはトラックでの移動時間を大幅に短縮できることです。そのメリットを活かして、より小さなトラックで新居まで往復して引越し荷物を運搬する方法がピストン輸送です。

 

引越しの見積もりは大きなトラックほど高くなりますが、この方法なら同じ荷物量でもより安く抑えることができます。

 

自分でダンボールを運んで引越し費用を節約

荷物が減れば減るほど引越し料金は安く済ませることができます。新居までの距離が近いとダンボールなどの小物を自分で運べる人もいるでしょう。

 

ただし、明確に安くするためにはトラックを1ランク下げるほどの荷物量を自分で運ぶ必要があります。家族分の引越しの場合だと10個や20個のダンボールを運んだだけで安くするのは難しいかもしれません。

 

積み切り便や大きいものだけ運んでもらえば格安

自分でダンボールを運ぶとも一部内容が重複しますが、引越し会社との契約自体を大きいものだけ運んでもらう内容にしたり、小さなトラックで大きいもの優先で運べるだけの積み切り便を選べば全て運ぶ場合と比較して引越しを安く済ませることができます。

 

地元の引越し業者を選ぶ

以外な盲点ですが、引越し業者があるセンターからあなたが現在お住まいの住居までトラックで掛かる時間も引越し業者によってはコストです。

 

例えばセンターが10分ほどの距離にある場合と1時間も掛かる場合であれば、往復した場合のスタッフ全員の人件費には大きな差がなります。そういった見えないコストが引越しの見積もりに跳ね返るということもあり得るのです。

 

もちろんトップページでお伝えしているような複数業者からの見積もりは大事ですが、候補の一つにこういった会社を選んでいればより見積もりが安くなる可能性が高くなります。

 

どの方法を選ぶにしてもトップページで記載している引越しが安くなる方法は必須です。ぜひ本ページの情報だけで終わらせずトップページもご確認ください。