MENU

長距離の引越しを安く済ませるコツ

新居が400km、500kmを越えるような長距離の引越しは距離に応じて料金も高くなります。ここではそんな長距離引越しを少しでも安く済ませる方法をご紹介します。

 

長距離便が得意な引越し業者を選べば安い

1台のトラックでお客様の荷物を運ぶチャーター便のような輸送方法だと、長距離引越しは高速代、人件費、燃料代ととにかくコストが高く掛かります。

 

長距離の輸送コストを安く抑えるには、複数のお客様をまとめて運ぶことが重要です。それには大きなトラックを使った混載便やコンテナやフェリー便などの活用が必須です。

 

この場合、同一地域への荷物を多く集めることができる大手引越し業者の方が有利です。

 

どのような業者を選ぶにせよ、業者間の料金差も大きい長距離引越しでは複数業者への見積もりは絶対外せない方法です。

 

早めに見積もりを依頼する

混載便を利用する場合、同一地域への荷物が多ければ安くなる可能性が高まります。そのためには一定の期間が必要です。

 

大阪から東京のような流通量が多い大都市間ならまだしも、人口が少ない地方への引越しの場合にはより早く見積もりを依頼した方が良いでしょう。

 

できるだけ荷物を減らせば長距離引越しでも激安に

距離に応じて料金が加算される長距離引越しでは近距離以上に荷物を減らすことの効果が大きいです。時には新しい住まいで荷物を買い直すことも念頭に荷物を減らしましょう。

 

その場合に優先したいのは、自転車やベッドなどのトラック内で嵩張る荷物です。また省エネ機能が改善されて買い直した方が実際の電気代が安くなるエアコンや冷蔵庫なども候補の一つと考えてみましょう。

 

どの方法を選ぶにしてもトップページで記載している引越しが安くなる方法は必須です。ぜひ本ページの情報だけで終わらせずトップページもご確認ください。